〒166-0002 杉並区高円寺北3-20-18 グランコート高円寺1階
  • 特大
  • 大
  • 標準

目・眼科の診療

検査室

目の症状・病気について

目やに・かゆい・ごろごろする・充血

<考えられる病気>

●結膜炎
結膜は外界に直接接しているために、刺激や感染をうけやすく炎症を生じやすい部位です。結膜炎には、原因により、細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎などがあります。
●結膜異物
結膜の中にごみやホコリ、抜けたまつ毛などが入り異物感を感じます。放っておくと結膜炎や角膜炎の原因になるので、眼科受診し処置してもらいましょう。
●逆さまつ毛(睫毛乱生)
逆さまつ毛が、角膜にあたり異物感を感じます。ひどくなると角膜に傷を生じ、痛みやまぶしく感じます。

まぶたが腫れる

<考えられる病気>

●結膜炎
●ものもらい(麦粒腫)
まぶたにある分泌腺の急性炎症です。痛みを伴います。
●霞粒種
まぶたの中にある分泌腺の慢性的な炎症です。しこりができます。

眼が疲れる

<考えられる病気>

●屈折異常(近視・遠視・乱視)や調節異常(老視など)
めがねやコンタクトの適切な処方で改善する可能性があります。
●ドライアイ
涙液の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる疾患。
点眼などで乾燥を防ぐ治療があります。
●VDT症候群
パソコンなどの使用により眼が酷使され、疲れ眼など眼に不快感を生じます。

見えにくい・かすむ

診察室
<考えられる病気>

●近視・遠視・乱視などの屈折異常
●老視
加齢に伴いピントを合わせる調節機能が低下し、近くにピントを合わせにくくなった状態。近くの物が見えにくくなります。
●白内障
水晶体(カメラでいうレンズにあたる部分)が濁り、光が通りにくくなった状態。
●緑内障
何らかの原因で視神経がダメージをうけ、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
進行するまで自覚症状はほとんどなく、一度失った視野は回復しません。
正常な眼圧でも視野が狭くなる正常眼圧緑内障(NTG)があり、40歳以上は20人に一人が緑内障だという報告もあります。悪化する前にできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。
●網膜硝子体の病気
網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性など
●ぶどう膜炎
ぶどう膜という部分に細菌やウイルスが侵入したり、眼のアレルギー反応により炎症が起こり、見えにくい・かすむ・飛蚊症の症状を感じます。
●視神経の病気

※その他、さまざまな病気が考えられます。めがねや薬でよくなるものから、緊急手術の必要なものまでいろいろな病気が考えられますので、できるだけ早く眼科に受診してください。

黒いものが飛ぶ

明るい所や白い壁、青空など見たとき、目の前に虫や糸くずなどが飛んでいるように見える症状を飛蚊症と言います。

  • 生理的な原因によるもの
  • 網膜裂孔
  • 網膜剥離
  • 眼底出血
  • ぶどう膜炎による硝子体混濁

※飛蚊症が出てきたり、増えた場合は、できるだけ早く眼科に行き、治療が必要な疾患かどうか精密眼底検査を受けてください。